末端のクソブログ

末端のクソブログ

クソブログ の 末端 にある クソブログ へ ようこそ

2019.8.30

最近、人工無能がどうやらみたいな話をよく聞き、そういえば昔人工無能のサイトに通っていた時期があったなと思い出して検索してみたらもう潰れてました。そのサイトはチャットサイトで、自分がしゃべると人工無能が返答してくれるものだったのですがその人工無能は妙に哲学的な答えを返してくるものだから僕は僕はボクは思い出すのも地獄な痛々しい文章を人工無能に対して投げかえけていてログが未だに残っっていると考えると11次元方向に回転して魚がアクロバット飛行するかのようなア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ってなっていました。でも潰れてたんですね!もうこの世には残っていないわけですね!部屋を作って多重人格を演じながら複数の名前で書き込んでいた頭うじ虫野郎のログはこの世から抹消されたわけですよね!僕の勝ちだあああああああ!!!!

 

 

と思ったらログのスクショが僕のスマホの中に保存されていてそれを読んだら頭が地面に突き刺さりカミキリムシを鼻から噴出するかのようなイ゛イ゛イ゛イ゛イ゛イ゛イってなって、しかしなぜログを残していたかというと当時の僕はそれを小説やそれに類するような作品だと思って保存していたわけでその結晶を消すのも踏ん切りがつかないです。

 

 

いや、

 

 

まだやり直せる。今度こそ純粋に人工無能を楽しみます。下水色の歴史を玉虫色の歴史で塗り替えるのです。頭ふわふわイカれアンポンタンは過去の僕。今の僕は違う。人工無能ちゃんと首相官邸で繰り広げられるような会話をして品格を見せつける。それこそが今の僕にできることなのです。

 

 

そんで人工無能アプリはGoogle Playになかったのでアンドロイドの僕は詰みました。

2019.8.29

最近、バイト先に行くと生徒がなぜかだいたいAirPodsを所持しています。AirPodsというのはBluetoothイヤホンなのですが僕の臓器と同じくらい高額で、僕が買おうものなら普通人間が2つ備えている肺か腎臓か心臓を売る覚悟をしなければなりません。それを一介の高校生風情が持っているのです。見た感じ臓器を摘出した形跡はありません。親を質にでも入れたのかと慄きつつ生徒に聞いてみたら「お小遣いで買ったんですよー。いやあ、高かったですね」とかほざきやがって小遣いどんだけ貰ってるんだよと思いつつ宿題をいつもの二倍の量にしたりしているのです。

 

 

 

しかしよく考えてみると僕は実家暮らしなので一ヶ月の手取りの給料があればAirPodsが買えるはずなのです。ふと部屋を見回してみるとスーファミ持ってないのにスーファミのカセットを買っていたり、結局読んでない本を買っていたり、たまにしか使わない25万の自作pcが目に入ったりします。もしあれらを買っていなかったらちくわ大明神AirPodsくらい買えたのです。そう考えるとやり場のない怒りと悲しみが僕の心を支配してAirPodsを持っていない生徒の宿題も二倍になりました。

2019.8.28

バイトで小学校に言ってるんですけどどうやら僕は小学生と気が合うようで小学生に友達感覚で「小学生の問題もわかんないの?大丈夫(笑)?」とか「なんか見てておもしろい」とか「先生イジるのたのしい」とか言われてます。採点とかをミスるたびに馬鹿にされること請け合いです。じゃあ採点ミスしないように慎重に採点しようとしても、

 

 

女児「先生!採点遅い!はやくしろ!」

 

 

僕「ひっ!ごめんなさい!そんな怒らないで〜」

 

 

だめみたいですね。

2019.8.27

うちのテレビでdアニメストアが見れるようになったので母の意見も取り入れつつAnotherを見たのですがグロいコワイエグいで「鳴ちゃんきゃわわ」って呟きながら精神を安定させることにより見てたのです。しかしいざ見終わると言い表せぬ喪失感が僕を襲うのです。その喪失感は一夜開けてもまだ消えず、この夏を覆ってしまうかのようにも思われたので僕は翌日はdアニメストア苺ましまろを見て精神をかわいいで満たそうと一階のリビングに降りると、母がリモコンを手に取りながら「次見るアニメ決まったよ」と言って再生ボタンをカチリと押し、

 

ひ ぐ ら し の 鳴 く 頃 に

2019.8.23

今日は友人の家で桃鉄をやりました。友人と僕と、あと途中から友人の妹が入ったのですがあのゲームは人間性が出ますよね。友人の妹が5が出たら目標駅に着くみたいな状況で僕は「5出るな5出るな5出るな」とか言ってるんですけど隣を見ると友人は「5出ろ5出ろ5出ろ」って言ってるんですよ。兄の鏡です。対して僕は初対面の女子相手に呪いのように言葉を呟き不幸を願う人間です。カスの極みです。

 

 

 

まさにその心を映すかのように友人は目標駅に一発で着く目を連発し、順調にゲームを進め、対するまつ社長は開口一番に借金を背負い、ボンビーに取り憑かれすべて持ってかれた挙げ句にボンビーがキングボンビーに進化して1ターン目に地獄みたいなところに連れてかれて地獄みたいなことになって完全にちょい役の悪役です。そんでなぜか現実でもいきなり雨が振り始め雷が鳴り響き自転車で来た僕は死の間際の走馬灯を見ました。

 

 

 

思い返せば僕の周りの人間に今まで妹がいるやつはほとんどいなかったような。百歩譲って近しいやつを思い出してみても、妹キャラが好きすぎて頭の中でイマジナリーシスターを作り上げ、周りにさも妹がいるように話していた男が思い当たりますがこいつは兄の鏡でもなんでもないバカなのでやっぱりロクな兄がいなかったわけです。じゃああんな兄然とした人間に全てにおいて勝てるはずがないじゃない。なんだあの完璧超人。僕に天罰を与えに来た天使か。じゃあ僕もそろそろ地獄の釜に帰ったほうがよいらしいですね。

 

 

雨の中を自転車で、脳内のイマジナリーシスターと話しながら帰りました。自転車に乗りながら一人で「次は右に曲がればいいの?妹ちゃん!」とか喋っているやつがいたら僕なので十字架を突きつけて殺してください。

2019.8.22

なんと18年間も定期検診に行っていた眼科に定期的に行かずによくなりました!次からはなんかヤバいことになったら来いって言われました。頭は既にヤバいことになってますがそういうことじゃなさそうなので帰りました。

 

帰りつつ、(ヤバいことになったら、の意味を正確に理解できてる僕の頭はゆーほどヤバくないのでは???)と考えながら自動改札機にPiTaPaを差し込もうとするとどうしても入りません。故障か?……あ、そういうね。なるほど。わかる。違う科への定期検診が始まるかもしれません。

2019.8.20

うちの駅の近くにピヨピヨ橋っていうのがあるんですよ。たぶん僕しかピヨピヨ橋って呼んでないけど。

 

なぜピヨピヨ橋って言うかというとこの橋、叩くとピヨピヨ鳴る楽しい橋で、それはもう橋叩いたら全盲の人、赤信号で歩き出して事故るんちゃうかってくらいピヨピヨ鳴ります。そう考えると完全犯罪の温床では

 

気づいてはいけないことに気づいたので気づかなかったことにするとして、僕は幼稚園の頃は通るときは必ず叩いていたのですが今やその橋に代わる新しい橋もできてその橋を通る人は数えるほどしか見ません。

 

僕も今日、久しぶりにピヨピヨ橋を通ったのでちょっと叩いてみました。

 

ピヨ……

 

お?

 

トントントン

 

ピヨピヨピヨ……

 

たの……

 

トトントトントントトン

 

ぴぴよぴぴよぴよぴぴよ……

 

た の し い !!!

 

その場に立ち止まって満面の笑みを浮かべながらトントントトントントトントントントトントントトンぴよーっっっっっ!!!!いえーい!!!たのしい!!!

 

ふと周りを見ると小さな子供がピヨピヨ橋が面白いのか僕の方を見て笑っています。いえ〜〜〜〜〜〜〜い!!!のってるかい!!??

 

…………?

 

……あ、これは頭のおかしい人間を見て、笑ってる目ですね。

 

…………

 

 

…………帰ろ